大八木監督から学んだこと

 

こんにちは^ ^

人が成長する
ワークライフバランス
の考え方と仕組みの導入で

あなたの会社を
「一生働きたい会社」にする

働き方チェンジパートナー
清水亜希子です!

・   ・   ・

メルマガ

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

【一生働きたい会社づくりの秘訣】
ワークライフバランス×チームビルディング
今いるメンバーで業績を上げる

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

でお届けしている内容を
そのままブログで
お伝えしています。

■━━━━━━━━━━━━■

「大八木監督から学んだこと」


今日は1月の最終営業日です。

あっという間の1か月で
既に新年という感じは
しませんが(笑)

新年の一大イベント!といえば
「箱根駅伝」
という方も多いのでは
ないでしょうか。

私もその一人です。

今年も
いつも通り
箱根駅伝を見ていて
いつもとの違い
に気づきました。

それは、
ある監督の声がけ
です。


チームビルディングコンサルタント
として気づかずにはいられない
ポイントでした。


今日はそんなお話しです^^

 
 
■━━━━━━━━━━━━■


今日は1月の最終営業日です。

あっという間の1か月で
既に新年という感じは
しませんが(笑)

新年の一大イベント!といえば
「箱根駅伝」
という方も多いのでは
ないでしょうか。

私もその一人です。

今年も
いつも通り
箱根駅伝を見ていて
いつもとの違い
に気づきました。

それは、
ある監督の声がけ
です。


チームビルディングコンサルタント
として気づかずにはいられない
ポイントでした。


それは
「大八木監督のゲキ」
です。


大八木監督は
今年の箱根駅伝で復路優勝を果たした
駒沢大学の
有名監督です。

何が有名かと言うと…
選手をやる気にさせる
「ゲキ」です。

駅伝では
監督車が選手の後ろにつき
適宜監督からの指示が
つたえられるように
なっています。

その声がけが
特徴的なのが
大八木監督です。

ちなみに、
昨年までは…
とにかく厳しい言葉
まさに「ゲキ」が飛んでいました。

全てのゲキを覚えてはいませんが
ざっくりとまとめると
こんな感じです。

—————————————-

[往路]
1区 厳しめ・強め
2区 厳しめ・強め
⇒「男だったらいけよ!」
3区 優しめ
4区 優しめ
5区 ?
6区 優しめ
⇒「最後頑張ったら区間賞だ!
    いくぞ行くぞ行くぞ」
   「〇〇(名前)!よくやった!ありがとう」

[復路]
7区 ?
8区 優しめ
⇒「今日の走りは今までで一番いいよ!」
   「〇〇(名前)、最高だよ!」
9区 優しめ
⇒「もう一回最後踏ん張れ。きついけど頑張ってくれ」
10区 厳しめ・強め
⇒「遅いよお前。守ったって、何にもないよ」
「区間賞狙うからね」
   「もしかしたらもしかすることをお前がやるか、だ。
    それが男だ!」
   「あと3キロで捕らえる。これは抜ける!」
 
—————————————-

読んでおわかりの通り
選手に応じてコメントを
変えています。

ちなみに最終区である10区では、
先頭を行く創価大学の選手を
抜いて優勝するかどうか
という緊迫の状況でした。

最後は見事に追い抜き、
復路優勝を果たします。

その後の声がけは、
それまでの厳しいものとは違い
「やったね。やったよ。お前は男だ!」
という言葉をかけていました。


選手によって
そして状況によって
かける言葉を変える。

当たり前のことかもしれませんが、
これを意識して変えたのだそうです。

 

気になる!
と思っていたら、
テレビで特集をしていました(笑)

 

駒沢は箱根駅伝の
常連校でした。

それがいつからか
勝てなくなっていました。

2度シード落ちをした時には
「もう勝てないかもしれない」
と思ったこともあったそうです。


それでも
勝たなければならない。
勝ちたい。

優勝を目指しての
立て直しは
非常に大変で、

その中で選手との
コミュニケーションを変えた
というのです。


箱根駅伝の中継を見て、
いつもと声がけが違う!
と感じていたのですが、

特集を組まれていたのを見て
やはり変えていたのか!
と納得しました。


そして
これが今まさに
組織に求められていることです。


何度もお伝えしている通り、
人と人は違います。


コミュニケーションは
何のためにあるかと言えば
「違いを知る」
ためです。


伝えた言葉が
伝えた意図通りに
伝わったのか。


やる気をだしてもらいたい
と思って伝えた
叱咤激励が

むしろ逆効果になる
ということは
大いにあります。


同じ言葉で伝えても
ある人には伝わって
ある人には伝わらない
ということが
起こります。


だから
一方的にこちらが伝えたいことを
伝えたいように話すのではなく
相手に合わせて
変えるのです。

 


ちなみに、
駅伝での声がけは
何のためにするのか…

行動してもらうためです。


よく
褒めて伸びるタイプと
叱って伸びるタイプがある
という話がありますが、
まさにそれと同じです。

認められることで
行動が加速する人がいれば
叱咤激励されて
行動が加速する人もいます。


かけた言葉が
行動につながらないのであれば
その状況に応じて
変える必要があるわけです。


何をするにしても
「目的」があります。

その目的を達成するためには
目の前の部下が
どちらのタイプなのか
をしっかり見極め
伝えることが必要です。


もちろん、
やってみる中で
失敗もあるかもしれません。


つまり
逆効果になってしまう・・・
というパターンです。


そうしたら
「あー違ったんだな」
と結果を受け止め
次にどうするかを考える

その繰り返しでしか
本当に得たい結果には
たどり着かないのだと思います。

そういう意味では
大八木監督は

箱根優勝のために
結果がでるにはどうしたらいいのか?
ということを考えて
行動しつづけた

ということですね。

 

最後まで読んでいただき
ありがとうございます^ ^


次回をお楽しみに♪

 

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
経営者のためのコーチングプログラム
「第二領域ミーティング」を始めました!
(お得な先着プランはあと5名です♪)

何が正解かわからない、答えのない今の時代は、
経営者だからと言って正しい答えを知っている
わけではありません。
大事なことは、答えがでるまで待つのではなく
そのことについて「考え、決めて、実行する」
それを繰り返しながら見直していくことです。

なぜそう考えたのか?本当はどうしたいのか?
一人では気づきにくい思考を深めることで
行動の原動力にもなります。
 
自分の人生と事業について考える時間をしっかり確保したい方、
一人で考えてはいるが意思決定までできない方
におススメです^ ^

◆「第二領域ミーティング」の詳細・お申込みはコチラ
https://ff-connect.com/news/2021-01-08-%e7%b5%8c%e5%96%b6%e8%80%85%e3%81%ae%e3%81%9f%e3%82%81%e3%81%ae%e3%82%b3%e3%83%bc%e3%83%81%e3%83%b3%e3%82%b0%e3%83%97%e3%83%ad%e3%82%b0%e3%83%a9%e3%83%a0%e3%80%8c%e7%ac%ac%e4%ba%8c/

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

 

★★★ 【申込受付中】 セミナー情報!!! ★★★


業績と時短を両立させる専門家集団
「最強のチームビルディング(R)式働き方改革」
のセミナーです!

【1】同一労働同一賃金対応実現セミナー
~同一労働同一賃金を実現しながらより成果の上がる組織に
 生まれ変わるための3つのポイントと3つの力

日時:2021年2月9日(火)13:30~16:30
場所:オンライン(zoom)
参加費:5000円(税込)
担当講師:小林 裕司(社会保険労務士)

▼詳細・お申込み
https://saikyo-hatarakikata.com/seminar/289/


【2】テレワークでも生産性を下げない取り組み方セミナー

日時:2021年2月17日(水)14:00-17:00
場所:オンライン(zoom)
参加費:5000円(税込)
担当講師:梶川 洋((株)梶川土木コンサルタント 代表取締役)

▼詳細・お申込み
https://saikyo-hatarakikata.com/seminar/252/

 

関連記事

  1. サッカーに学ぶチームが成果を出すために必要なこと

  2. 私も「努力の途中」です

  3. 「経験と生き様」を売る仕事、とは?

  4. ものごとを決断するために必要なこと

  5. 現場で何が起こっているのか?を知る

  6. 紛糾を恐れない

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

2021年1月
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031

過去の記事