「オンライン」って難しい?


こんにちは^ ^

人が成長する
ワークライフバランス
の考え方と仕組みの導入で

あなたの会社を
「一生働きたい会社」にする

働き方チェンジパートナー
清水亜希子です!


・   ・   ・


メルマガ

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

【一生働きたい会社づくりの秘訣】
ワークライフバランス×チームビルディング
今いるメンバーで業績を上げる

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

でお届けしている内容を
そのままブログで
お伝えしています。

■━━━━━━━━━━━━■


「オンライン」って難しい?

 

先日参加した
「クロスロード ダイバーシティ編@Zoom」
 
私もファシリテーター資格を取得し
企業様でも実施させていただいている
クロスロード ダイバーシティ編を

zoomというオンライン会議システム
を使って行う企画!
とあって楽しみに参加しました。

カードを使ったゲームなので、
学ぶ側としても
伝える側としても

正直どのような感じになるのだろう???
と思っていたのですが、
 
学ぶ側の視点と
教える側の視点の
それぞれで感じることがありました。
 
今日はそんなお話です^ ^
 
 
■━━━━━━━━━━━━■

 
先日
「クロスロード ダイバーシティ編@Zoom」
に参加しました!

以前このメルマガでもご紹介して
無料体験を募った
「クロスロードダイバーシティ編」
をzoomで行うセミナーです。


以前の投稿はこちら
↓↓↓
■ダイバーシティ&インクルージョンを体感したいなら

ダイバーシティ&インクルージョンを体感したいなら


詳細は上記投稿をご覧いただくと
わかるので、

簡単に解説すると・・・


ゲームで
ダイバーシティ&インクルージョンを
体感できる

ものすごいツールです。


参加者が、

カードに書かれた事例を
自らの問題として考え、

YESかNOかを選択し
自分の考えを示します。

そして、
お互いになぜそれを選んだのか?
について意見交換をしながら
進めていきます。


ゲームにすることで、

ジレンマを
自分ごととして考える

と同時に、

多様な価値観や考え方
に対する相互理解を深めたり

お互いの違いと共通を
明らかにし

違いを楽しんだり、
正解のない問題に対して

考える力を
養うことができます。


クロスロード自体は、

阪神・淡路大震災で
災害対応にあたった神戸市職員
へのインタビューをもとに

開発された
カードゲーム型の
防災教材で、


災害に関る
深刻なジレンマを
テーマにしています。


ダイバーシティ編は、

キャリアや
育児、介護
障がい者雇用
LGBT対応など

組織や職場で
おこりがちなジレンマを
問いにしています。


実際に上記投稿で3社に
無料体験をさせていただいた中では、

管理者と意見が合わずに
退職を検討していたメンバーが
「もう少しがんばってみます」
といって退職をとどまってくれた

という話もあったほどです。
 

違って当然
一緒は奇跡


「人と人は違う」ことを
ゲームの中で起こる対話を通じて
理解していただけた結果だと感じます。


そして、今回の内容です。


zoom開催というだけあって、

東京からの参加は私一人で
北は仙台、
途中岐阜や大阪、
南は兵庫

の方々とご一緒しました^ ^


これもzoomの面白さですね。


場所の違い、
の前に個人の違い
ではあるのですが、

やはり

普段であれば
一緒にセミナーを受けることは
ないであろうエリアの方と

こうして一緒に学ぶ機会は
とても新鮮です。


ゲームの進行は

基本はカードに記載の問いを
ファシリテーターの方が
画面上に投影し、

対面の場合と同様に
問いを2回読み上げます。


ひとグループ4-5名で、
私のグループは4問の問い
に答える中で、


・迷う問いの違い
・迷うポイントの違い
・同じ文章を読んでいるのに
 想像するポイントが違う
 想像する内容が違う
・簡単な言葉なのに
 その定義(解釈)が違う


といった様々な「違い」を
知ることが出来ました。

日ごろから
「人と人は違う」ことを
意識している私ですが、

それでも
実際に体験したことがある方の
話を伺う中で

自分の想像力のなさ、
相手の背景を知ることの大切さ

を改めて感じる場でした。


どんなに意識していても
自分の見えている面は
一部でしかない。

どれだけその先に
想いを馳せることができるか。


今回は
共通の答えを見つける
ものではないのですが

組織作りの中でお伝えしている
「ルービックキューブ」
をここでも感じました^ ^

 


ルービックキューブは
見える面の陰に
見えない面があります。

全ての面を揃えるためには
一面ずつ揃えにいっても揃わず、
全てが揃う状態を常にイメ―ジしながら
進める必要があります。

そして、
時として揃っている面を
崩すことになる。。。


組織の問題を解決したり、
目標や課題を達成する際も
同じように進めることで
うまく行きます。


そういった一人ひとりが違いを
受け入れられる場づくり、進行も
さすがでした。


各グループに
ファシリテーターの方がいて、
丁寧にサポートしてくれました。


zoomの操作に慣れていない方や
部屋から出てしまった時など
イレギュラーなことが起こった時の
テクニカル担当の方がいたのも
とても良い仕組みと感じました。


zoomで運営する場合の
サポートシステムは
非常に重要だと感じました。


そう考えると、

まだまだ大人数での実施は
難しいですが、
まずは一人でできるところから
やってみよう!

という気持ちになりました^ ^


そこで・・・

メルマガ読者の方限定
(ブログを読んだいただいた方も含む)

個人参加
初回5名様まで
時間は70分くらいを想定

といった感じで

クロスロード ダイバーシティ編を
zoomで開催しようと思います。


日程は
4月23日(木)を予定しています。

 

もし興味のある方は、
午前がいい、午後がいい
など希望を連絡いただけると嬉しいです。

 

正式なご案内は、
来週のメルマガで
お伝えしますね。

 

最後まで読んでいただき
ありがとうございます^ ^


次回をお楽しみに♪

 

 

 

関連記事

  1. コーチングの力

  2. 組織における目的と目標

  3. テレワークの功名!?

  4. ダイバーシティ&インクルージョンを体感したいなら

  5. 障害者を作っているのはだれか

  6. なぜ目標を立てるのか?

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

2020年4月
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
27282930  

過去の記事