AIと働き方改革

こんにちは^ ^

人が成長する
ワークライフバランス
の考え方と仕組みの導入で

あなたの会社を
「一生働きたい会社」にする

働き方チェンジパートナー
清水亜希子です!

・   ・   ・

メルマガ

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

【一生働きたい会社づくりの秘訣】
ワークライフバランス×チームビルディング
今いるメンバーでさらに業績をあげる

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

でお届けしている内容を
そのままブログでも
お伝えしています。

■━━━━━━━━━━━━■

AIと働き方改革

先週参加した
武蔵野法人会の
「夏期経営者講座」。

そこで聴講した
日本マイクロソフトの業務執行役員で
エバンジェリストの
西脇 資哲さんのお話で

私がぼんやりとしか
理解していなった
AIの可能性を知りました。

そして、
その可能性を広げるのは
「人」だということ。

今日はそんなお話です^ ^

■━━━━━━━━━━━━■

先週参加した
武蔵野法人会の
「夏期経営者講座」

そこで聴講した

日本マイクロソフトの業務執行役員で
エバンジェリストの
西脇 資哲さんの講演は

私がぼんやりとしか
理解していなった

AIの可能性

のお話でした。

(と私は理解しました!)

タイトルは、

AI×IoT時代における
新たなビジネスの姿とは?
~全てのモノ、人がつながる新しい時代へ~

とにかく
事例が盛りだくさん!

実際にインターネットで
つながっている
リアルなAIの活用場面や

(なんとテキサス州のあるビルでの
エレベーターの稼働状況が見れた!)

AIによる人の識別
といったものを

目の前で
見ることができました^ ^

詳しい人にすれば
そんなものは当たり前だ

と言われそうですが、

AIが人の代わりになる・・・

つまり

文字で識別する
音で識別する
映像で識別する

といったことが
かなりできていることに
正直驚きました。

カメラで映像を
とらえただけで

性別
おおよその年代
身につけているもの
表情(感情)

を予測し
文字で表示するのです。

予測というは、

AIが持つ大量のデータから
今目の前にある人が
どういう人であるか
を識別している

ということ。

そして
大事なのは、

その予測を
大きく外さない

ということ。

会場では
司会をされていた女性と
一番前に座っていた男性が
モデルとなり

その正確さに
会場がどよめきました!

これにより
何が起こるのか?

例えば飲食店であれば
店内にカメラを置くだけで

来店者の性別
おおよその年代
身につけているもの
表情(感情)

提供されたメニュー
来店時間

などがわかります。

それが何を意味するのか?

お店に来る方の
性別や年代
オーダーするメニューを
予測することができるのです。

その結果どうなるのか?

例えば・・・

週末の来店者数や
メニューがわかる

米の炊飯量がわかる

ムダがなくなる

利益が出る

といった好循環が
生まれます。

実際に伊勢神宮近くの飲食店で
AIを活用した結果
起きたことです。

ゑびや
http://www.ise-ebiya.com/

そのお店は、他にも

松坂牛のメニューを食べるのは
若者だと思っていたら
実は年配の女性が多くオーダーしている
ということがわかり、

年配の女性に積極的に
松坂牛をおススメする

といった
AIで分かったことを
積極的に活用したそう。

その結果
利益が上がり、

一般的には
そこから多店舗展開するところを
(新たな設備に投資する)

そうではなくて
社員に還元したい・・・
ということで、

・18時以降の営業をやめた
・給与が20%アップした
・残業なし、完全週休2日制にした
・年間休暇15日制度を導入した
・しかも消化率80%!

といった
飲食店へと進化したのです。

夜の営業をやめたのは
夜の営業をしなくても
利益がでるようになったからだそう。

実際にwebサイトを見てみたら、
営業時間は
11:00-16:00になっていました!

もはやランチタイムしかやっていない
ということですかね^ ^

それもこれも

AIによってわかったデータによって

・お客様が求めるものを
必要な時に提供する

ことが可能になったから
出来たこと。

ビジネスの
基本は何ら変わらない
のです。

いままで
経験や勘で行っていたものが

AIによって
かなりの高確率で
予測できるわけです。

ベテランの勘は確かにすごいと思いますが
それはその人がいないとできません。

でも、
AIが稼働し続ける限り
そのベテランの人がいなくとも
予測が可能で、

誰もがそれを活かして
アクションを考えることができます。

人が行動できないことの一つに
情報不足があります。

経験によってわかることが
誰にでもわかるようになれば

その経験を積む時間を
別のことに充てることができます。

むしろそこが本当の
価値になるわけです。

そう考えると、
早いところ

自分がやらなくても
いいことや

自分がやったら
膨大な時間がかかること

はAIに任せて、

私たち「人」は
大切なこと
本当にしたいこと

に時間を使いたいですね。

本当にしたいことに
時間とエネルギーを使う・・・

真の「働き方改革」は
AIによって簡単に実現できるのかもしれない
そんな可能性を感じました。

最後まで読んでいただき
ありがとうございます^ ^

次回をお楽しみに♪

 

関連記事

  1. 問題に焦点をあてすぎない

  2. 答えではなく考え方を学ぶ

  3. 新しい勝ちパターンを見つける

  4. 取組みの先に何があるのかを示す

  5. 緊急時にためされる、の前に

  6. その行為「ハラスメント」かもしれません

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

2019年8月
« 7月    
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031  

過去の記事