実行力は基礎体力

こんにちは^ ^

人が成長する
ワークライフバランス
の考え方と仕組みの導入で

あなたの会社を
「一生働きたい会社」にする

働き方チェンジパートナー
清水亜希子です!

・   ・   ・

メルマガ

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

【一生働きたい会社づくりの秘訣】
ワークライフバランス×チームビルディング
今いるメンバーでさらに業績をあげる

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

でお届けしている内容を
そのままブログでも
お伝えしています。

■━━━━━━━━━━━━■

実行力は基礎体力

 

昨日は、
チームビルディングを
学んでいる仲間と

キリンビールの元副社長
田村 潤さんの
講演のDVDを見ました。

負けグセがついたチームを、
不屈の常勝軍団に変える!
<奇跡の大逆転を起こす現場の実行力>

P

メンバーの一人が
今年の1月に田村さんの講演を聞き

まさにチームビルディング
が起きている!

と感動。

その内容を
メンバーに共有したい!
とDVDを買い、

その上映会でした。

田村さんの話の中には

営業やマーケティングといった
社外への動きとして、

さらには

チームメンバーが主体的に
動くことにも欠かせない

・「情報発信」「情報共有」の大切さ

仕事を進める原動力としての

・ビジョンや理念の大切さ

などなど、

まさに私が学び
企業様に支援していることを
経験の中から実行し

負けグセチームから
常勝チームに変わった経過を

ありありとイメージできました。

その中でも
特に印象深かった言葉
があります。

心の火をつけるために
必要な3つのこと、

としてあげられていた
うちの一つ

—————————–

基礎体力をつける

—————————–

です。

まずやってみることで
自信をつける

部下の行動スタイルを把握し
どうしたら

めざす理念を実現できるか?
あるべき姿と現状のギャップを埋められるか?

を考え

とにかく実行する
ということでした。

「決めたことをやる」

ワークライフバランス推進で
支援している企業様で

今年改めて
社長が宣言された企業様
があります。

あたり前のこと
なのですが、

改めて宣言するほど
実は簡単な事ではない


社長の発表で感じたものです。

それをやるのは誰か?

と言えば

やるのはその人自身であり
それを後押しするのが

管理職の役割です。

田村さんの考え方の基本は
「理念の浸透」です。

トップが管理職が
その理念達成に向けて
覚悟を持っているか

それが社員に伝わるからこそ

やっていのだ
この方向性でよいのだ

と自ら考えることができ
結果として社員が主体的に動く
ことになる・・・

トップの一貫性の大切さ
についても触れられていました。

以下が
心に火をつける3つのこと
です。

—————————–

1.情報がオープンである

2.基礎体力をつける

3.リーダーがぶれない

—————————–

リーダーがぶれない
とはまさに一貫性の話であり

主体的に動く=
決断するためには

トップの持っている情報と
同じ情報を持つことで
可能になります。

情報共有が大事だと言われますが
その真の意味を理解せずに
その手段だけが独り歩きし
継続しない、

ということも目にします。

まずはそれを伝え推進する私自身が
実行することから始めよう

そう誓った昨日の学びの時間でした。

今日の話が
一生働きたい会社づくりの
ヒントになれば幸いです。

最後まで読んでいただき
ありがとうございます^ ^

 

関連記事

  1. 社員さんを「ほめて」いますか?

  2. 決断することはなぜ難しいのか

  3. 私も「努力の途中」です

  4. 経営と人を育てる仕組みが学べるMG

  5. ないものをいつまでも探さない

  6. ものごとを決断するために必要なこと

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。