三鷹の魅力!?

こんにちは^ ^

人と人の違いを組織の力にする
ワークライフバランス×チームビルディング
の考え方と仕組みの導入で

あなたの会社を
「一生働きたい会社」にする

働き方チェンジパートナー
清水亜希子です!

・   ・   ・

メルマガ

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

【一生働きたい会社づくりの秘訣】
ワークライフバランス×チームビルディング
今いるメンバーで業績を上げる

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

でお届けしている内容を
そのままブログで
お伝えしています。

■━━━━━━━━━━━━■

「三鷹の魅力!?」

昨日メルマガで

会社がある
三鷹の企業が
魅力的な会社になることで

三鷹に人が集まり
住みたい街No.1になること

をめざしている!

とお伝えしました。

今日のテーマは
ずばり!「私の住む町」。

我が町「三鷹」の
愛すべき点について書き始めたら
結局仕事の話になりました(笑)

  
今日はそんなお話です^ ^

■━━━━━━━━━━━━■

「我が町」
と言っていますが、

もともとの三鷹市民
ではありません。

三鷹に住み始めたのが2004年。
三鷹市民になって
16年になります。

もともとは
新潟生まれの新潟育ちで、

※日本三大花火で有名な
 「長岡市」です^ ^

大学進学と同時に
上京しています。

なので、
もう間もなく

新潟で過ごした期間<三鷹で過ごす期間

になります。

お客様の訪問など
仕事で都区内に
行くこともありますが

私は
オフィスも
住まいも
三鷹です。

「職住隣接」

そうなったのには
キッカケがあります。

もともとは
通勤は都会派でした^ ^

サラリーマン時代は
新宿、港区、中野区、品川区、と

23区内に
30分~1時間かけて
通うことが当たり前
だと思っていました。

それが・・・
長女が通っている保育園では
9名中都内に通っていたのは
私ともう一人のママだけ。

それ以外はみな
歩きや
自転車で
通える範囲の職場でした。

そして・・・

そんな中起きたのが
東日本大震災です。

当時私は芝公園の近くに
通っていて

一時避難をしたものの
定時まで片付けをしていて

17時きっかりに
オフィスを出ました。

そこで初めて
電車が止まっている
ことを知りましたが、

当時3歳だった
ムスメを保育園に
迎えに行くために

三鷹まで歩いて帰る
ことを選びました。

当時はフルマラソンを
走っていたので、

三鷹までの約20キロの道のりを
「フルマラソンの半分だし
 歩けるでしょ!?」
くらい思っていました(^-^;

結局その日は
三鷹まで約5時間かけて
帰ることができましたが

ムスメのお迎えは
職場まで自転車通勤していて
一足先にお迎えを終えていた

保育園が一緒の
友達家族にお願いしました。

子どものつながりで
地域に知り合いがいることの
ありがたさ

そして

子育て中は特に
子どもの生活圏が
住まいの近くであることから

職住隣接であることが
職場にとってもプラスになる
と感じたのもです。

実際にサラリーマン時代は
保育園お迎えのために

2時間の時短勤務をして
17時にダッシュで会社を出ても

保育園へのお迎えは18:30。

いつも延長保育ギリギリでした。

もし友人のように
自転車通勤だったなら、

時短勤務をすることなく
定時であがっても
私よりも早くお迎えに
行けることになります。

だからこそ
我が町三鷹に

定時退社が当たり前
の会社が増えれば

子育て世代が
三鷹に住むようになり、

三鷹の企業にとっても
三鷹に住む人にとっても

いいことづくしだ!

と考え
三鷹で起業したわけです^ ^

と、三鷹の魅力を
伝えるつもりが
結局昨日の続き

のようになってしまいました(笑)

次の機会には
三鷹の魅力!
と言っても過言ではない

おやこひろばで
使わせていただいている
「えんがわ家」さん
の紹介もしたいと思います♪

最後まで読んでいただき
ありがとうございます^ ^

次回をお楽しみに♪


YouTube始めました!

チャンネル登録していただけると嬉しいです^ ^

◆清水亜希子のはたらくをおもしろくするチャンネル
↓↓↓   

https://www.youtube.com/feed/my_videos


 

関連記事

  1. うまく行くためのルールを作る

  2. 会議の生産性を高めるには?

  3. パワハラを撲滅する組織づくり

  4. 「自分で決める」ということ

  5. AIと働き方改革

  6. 環境が行動を変える

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

2020年7月
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  

過去の記事