平日の運動会、仕事を休めますか?

こんにちは^ ^

人が成長する
ワークライフバランス
の考え方と仕組みの導入で

あなたの会社を
「一生働きたい会社」にする

働き方チェンジパートナー
清水亜希子です!

・   ・   ・

メルマガ

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

【一生働きたい会社づくりの秘訣】
ワークライフバランス×チームビルディング
今いるメンバーでさらに業績をあげる

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

でお届けしている内容を
そのままブログでも
お伝えしています。

■━━━━━━━━━━━━■

平日の運動会、仕事を休めますか?

週末に予定していた
子ども達の運動会が延期となり
平日開催でした。

平日・・・

仕事をしていたら
休む必要があります。

そんなに人はいないかもな~
と思いながら行ってみると

思った以上に
応援に来ている親御さんの多いこと。

この仕事をしていながら
まだまだ私も考えが古いのか!
と改めて気づくキッカケになりました。

今日はそんなお話です^ ^

■━━━━━━━━━━━━■

先週末に予定されていた
子ども達の運動会。

隣の小学校が
早々に平日ヘの延期を決める中、

雨天プログラムに変更して
実施に踏み切った
我が小学校。

午前中までもてば・・・

と思っていましたが
お昼まで待つことなく
雨が降り出し、

結局平日に
再実施となりました☆

そして一昨日
運動会が実施されたのですが、

平日だったら中々参加できる
親御さんも少ないだろう・・・

とタカをくくっていましたが、
なんのその。

結構な数の親御さんが
応援に来ていました。

正直なところ

私の予想をはるかに上回る
人数でした。

そこで感じたのが、

結構みんな休めるものだ!

ということ^ ^

もちろん今は
働き方改革が叫ばれ、

以前よりも
有給休暇が取得しやすい
状況になっていることも
あるでしょう。

その一方で、

私がまさに
コンサルティングしている
企業様では

なかなか取得できない・・・
子どもの運動会に参加できない・・・

という声もあったりします。

一体全体
この差はなんなのでしょう???

多くの場合
その原因は

お客様都合

とされる印象があります。

残業の原因もそうですが

・お客様対応
・他社との打ち合わせ

といった外的要因が
あがるケースが多いです。

もちろん
お客様の都合で
休日に仕事が入る

そのような仕事や
業界もあります。

そうだとして
本当に休めない、のでしょうか?

それは本当に
お客様の都合なのでしょうか?

子どもの運動会も
非常に重要な
イベントです。

それでも、休めない、
という人がいることも
理解できます。

今回は私も
たまたまオフィスでの
作業日に充てていて

決まった外出の予定が
ない日だったので

お休みして
応援することができました。

仮にそうでなかったら
お休みできたかどうか・・・

コンサルティングであれば
今はパートナーと一緒にしているため
休める体制を作っています。

研修登壇だとしたら・・・
休めなかったと思います。

代わりの講師がいないからです。

実はこの状況は
私にとっては
かなりのストレスフルです。

仕事をするようになってから
私が常にめざしているのは

自分にしかできない仕事をつくらない
いかに周りに共有するか

ということです。

私自身は
自分がいなくても
仕事が進む環境をつくること

にかなりこだわっています。

なのですが、

現状では
それが実現できないこと
もまだあります。

それはなぜなのか?

結局のところ
自分でその選択をしているのです。

つまり
優先順位の問題
なのです。

・お客様が言うから・・・

・自分がいないと
 他の人に迷惑がかかるから・・・

どれもよく考えれば
言い訳にすぎません。

なぜなら、

もし大切な人が
瀕死の状態であったら・・・
それでも仕事を選ぶでしょうか?

完全に一人で
仕事をしている場合は
確かに難しいかもしれません。

請け負った仕事を
責任を持って遂行することが
求められるからです。

ですが、
もしあなたが組織にいて
チームで仕事をしているとしたら?

休めない

というのは
自分の思い込みであり、

自分が決めていることだ
と自覚することです。

いろんな言い訳をあげれば
キリがありません。

だからこそ、

大切にしたいことを
大切にすること

を勇気をもって行うこと。

それが
働き方改革の
一歩になるはずです。

休むためにどうするか?

その答えが
今までにない
革新的なやり方を
うみだすことになるでしょう。

運動会で親に応援されて
嬉しそうにしている
子ども達の様子は

たまりませんね。

我が家でも
家に帰ってから

「あの時集中してなかったでしょ~」
「徒競走よくがんばったねー」

と、いつも以上に
子ども達との会話が
弾みました。

こういう時間があるからこそ
チームに感謝し
また明日から頑張ろう!

という気持ちになりますね。

これも立派な
パフォーマンス向上です。

最後まで読んでいただき
ありがとうございます^ ^

次回をお楽しみに♪

 

関連記事

  1. 苦手には時間がかかる

  2. 答えではなく考え方を学ぶ

  3. 小さな改善に着手する

  4. 人が増えれば楽になる、って本当?

  5. 新しい勝ちパターンを見つける

  6. 効果アップの視点で仕事をする

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。