自分のあたり前を可視化する

こんにちは^  ^

人が成長する
ワークライフバランス
の考え方と仕組みの導入で

あなたの会社を
「一生働きたい会社」にする

働き方チェンジパートナー
清水亜希子です!

・   ・   ・

メルマガ

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

【一生働きたい会社づくりの秘訣】
ワークライフバランス×チームビルディング
今いるメンバーでさらに業績をあげる

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

でお届けしている内容を
そのままブログでも
お伝えしています。

■━━━━━━━━━━━━■

自分のあたり前を可視化する

先週川崎市で行った

子育て中のママ・パパのための
ワークライフバランスセミナー

そのアンケート結果が届きました。

企業様で行う研修では、

研修のスタイルを学んだ一人でもある
野原ひでおさんの教えに従い

「質問中心」の研修スタイルを取っており

アンケートも
ワークシートの様になっており

単元ごとに振り返っていただきます。

今回は

企業様での研修ではないこと、

時間の中にびっしり内容を詰め込んだため
単元ごとに振り返りを取る時間を
持てなかったことから、

自治体でご用意いただいた
アンケートに回答いただきました。

それもあって
今回のアンケートは
かなりドキドキしながら開きました。

結果は

無回答お一人以外は

よかった/まあよかった
に全員回答いただき、

満足度 95.5% でした。

もちろん
満足度だけが指標ではありません。

こういったアンケートでは
中々記入いただくことが少ない
自由回答欄。

そこにも
びっしりと以下のような意見が
書かれていましたビックリマーク

 

 

嬉しいことです照れ

—————————————————

・知りたいことがたくさんあった、役に立った。
第3者から夫に言ってもらえるのがすごく助かる。

・今すぐ15分ルール、プチしめきり等少しずつ実施していきたいと思う。

・4月から復帰するにあたっての心の準備ができた。

・全体的にわかりやすく体系的だったので、
ふせんを使ってみんなで共有できて分かりやすかったので。

・子どもと離れてしっかりとテーマに向き合って
セミナーを聞くことができたので、
4月以降の復帰に向けて何を準備すべきか、
何を話し合っておくか考えることができた。
また夫婦ともに聞くことができたのも良かった。

・How toを聞けた。

・気つきがあった。グループワークができて意見を知ることができてよかった。

・(先生と参加者)が色々工夫されている事を共有いただけて、参考になった。

・具体的な手法がいくつもうかがえてすぐに使えることが多く、とてもよかった。

・仕事・家事の効率化・考え方について色々知ることができた。

・家事・育児について自分でかかえてしまうことが多かった。
夫への協力をお願いしようと思えた。

・テーマと現状が合っていた。講師がよかった。

・テーブルワークもとてもよかった。もっと長くききたかった。

—————————————————

もちろん今回は
私が講師としてお伝えしたわけですが、

アンケートの中にもあるように

私から一方的に伝えるだけではなく、

ワークを通じて
参加者同士ののパパ&ママさんが

・工夫していること
・やろうと思うこと

を共有してもらいました。

必ずしも、

プロである必要はありません。

 

その道のプロでなくとも
日頃から課題を持っている方は

自分で考え
工夫をしている

のです上差し

私はコンサルタントとして

ワークライフバランスの推進や
働き方改革
女性活躍推進

の支援をしていますが

社内においても
十分できることだと考えています。

ただ、
私が支援することで

そのスピードが加速しますひらめき電球

また、

このセミナーでもあるように

自分がやっていることが
それほど価値のあることだと思わずに
やっている方もいます。

その人にとってみれば
特別なことではなく

自分で考えてたどり着いた
やり方=ノウハウです。

それが他の人にとっても
重要だと気づいていないこと

が実は沢山あるのです。

 

 

そのことに

 

客観的に

フィードバックすることで

 

気づいていただきます。

もし

社内で
ワークライフバランスの推進を進めようビックリマーク

と考えたら

まずは

社内でどのような工夫がされているか

一人ひとりに聞いてみる
共有する場をつくる

ことから始めてみると良いでしょう上差し

そうすることで
社員さんひとりひとりの

自信にもつながりますね照れ

今日の話が
「一生働きたい会社づくり」の
ヒントになれば幸いです。

最後まで読んでいただき
ありがとうございます^  ^

 

 

 

 

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。