苦手には時間がかかる

こんにちは^  ^

人が成長する
ワークライフバランス
の考え方と仕組みの導入で

あなたの会社を
「一生働きたい会社」にする

働き方チェンジパートナー
清水亜希子です!

・   ・   ・

メルマガ

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

【一生働きたい会社づくりの秘訣】
ワークライフバランス×チームビルディング
今いるメンバーでさらに業績をあげる

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

でお届けしている内容を
そのままブログでも
お伝えしています。

■━━━━━━━━━━━━■

苦手には時間がかかる

昨日のメルマガを改めて
読み返してみて、

まとめが
あまりに突然すぎて

吹き出しそうになりました。

最後の
「働き方改革」へのくだりに

飛ぶな~

と感じた方も
いらっしゃることでしょう。

実は

先週から今週にかけて、で
改めて決めたことがあります。

それは

メルマガの発行を

平日4日の発行

やじるし g

平日1日休む
かつ
17時半に配信する

ことです。

以前のメルマガで

平日4日は
何としても発行したいビックリマーク

と決めているので

深夜でもメルマガを発行する

と書いたことがあります。

なんだか遠い昔の話
のように書いていますが、

つい最近もやっていました。

その反省、というか

やはり自分の仕事を考えた時に
いくら

チェックメルマガだけのこと
チェック子どもが寝た後のこと

といろんな事情があるとしても

深夜0時を過ぎるような時間に
メルマガを配信することに

違和感というか
矛盾を感じていました。

これは、
365日ブログ更新をしていた時に
感じていたことと同じです。

自分で決めたこと
だからやりたいビックリマーク

でも

自分が伝えていることや
考えと矛盾する

その折り合いをつけることが
非常に難しかったのです。

ブログは
そこは割り切って、

とにかくやると決めたのだからやるビックリマーク

と続けていました。

そして、再び
メルマガの配信において
同じ問題が勃発しました。

ともっともらしく書いていますが
そもそもの問題が
ないがしろになっていたのです。

何故矛盾が起こるかと言えば、

ブログを書く
メルマガを書く

ことに

予想以上に時間がかかっているから

です。

私は1日の行動予定を
細かく細分化して

時間と業務をセットで
計画立ています。

朝夜メールという手法です。

定時の時間の中で
その予定を組み立てているので

予定通りにいけば
基本的には定時内に仕事が終わります。
※出張等の移動は除く。

ですが、

この文章を書く
発信する
というのがどうも苦手で、

想定以上に時間がかかり

やじるし g

結果として残業となり

やじるし g

さらには、
配信を死守するために
文章さえも急展開にまとめて

えいやっと
配信する・・・

ということをしていたのです。

ですから
深夜になることもありました。

そして、昨日です。

17時半には送るビックリマーク

と決めたのに
書いている途中で

17時半を過ぎました。

週1日は休んでよいので、
休みにしようか・・・

とも考えたのですが、

昨日の内容は
どうしても昨日書きたかったので
ギリギリまで粘りました。

私の中で
19時は許容の範囲だ
という意識があったのも事実です。

ですが
そこは超えたくない。

そこ、
あわててまとめに入り、

結果として

時間をかけないために
強みを発揮する

という結論を印象づけたのではないか
と心配しています。

私が伝えたかったのは、

———————————–

得意なことはうまくいくし
時間もかからない

苦手なことはすぐにはうまくいかないし
時間もかかる

———————————–

ということです。

今までの私のように
それでもやりたいビックリマーク

となると残業になります。

これでは
もっと仕事したいから
残業させてください

という人と同じです叫び

では何を変える必要があるのかはてなマーク

自分の
やりたい/やりたくない
ではなく

会社の
やりたい/進む方向
に合わせる。

その時に、

その苦手をやらねばならない状況

なのであれば
時間がかかることを許容する

ということです。

誤解して欲しくないのは
苦手なら残業していい
ということではありません上差し

そうなのです。

わたしが すべきことは
本当にそれが会社にとって大事なことならば

チェック他の時間を削ってでも

あるいは

チェック他の仕事を外注してでも

その仕事ができる時間を確保する事

だったのです。

ですから
私は、なんとしても
決めた時間に配信します。

かりにできないとしたら
その時は週に1日の休息日にあてます。

どうしたらできるかはてなマーク

日頃お伝えしているように
私自身がそれを実践していきます照れ

今日の話が
あなたの会社の組織づくりの
ヒントになれば幸いです。

最後まで読んでいただき、
ありがとうございます^ ^

 

 

 

 

 

関連記事

  1. なぜ「働き方改革」に取り組むのか?

  2. 効果アップの視点で仕事をする

  3. 社長の言うことがころころ変わる!?

  4. これで業務の中断もこわくない!?~中断のもう一つのメリット

  5. 人はやりながらでないと学べない

  6. 取組みの先に何があるのかを示す

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。